Welcome to my blog

こんぶログ

昆布の魅力を発信します

Category: 昆布大使レポート

 昆布を魅力ある食材として守りたい

 2013年度の昆布大使、任期も残り1ヶ月。 毎月1度のレポート提出(月に何度も提出した月もあり)も今回で最後になりましたが、昆布業界に対し忌憚のない意見をというお題でもありましたので、個人的な考えの内容になりますがレポートとして提出させていただきました。あくまでも個人的な考えになりますので誤解のないようお願いします。   【昆布を魅力ある食材として守りたい】荒井孝幸 昆布大使(北海道)  ...

 完全体の乾燥昆布

 日本全国の昆布大使の方々は、イベントなど様々な場面で昆布の魅力を伝えていますが、昆布の大きさや形を教えるために『ぬいぐるみ』の昆布を使ったりしてるようなので、ホンマもんの昆布で根から裾までの完全体の乾燥昆布を魅せびらかしてみた。 すると…何故か昆布大使のレポートとして紹介されてしまった。 荒井 孝幸 昆布大使(北海道)食育WSなんかで使えそうなアイテムを製作中!昆布の根から裾までの完全体の乾...

 昆布製品規格浜説明会

日高地区ミツイシコンブの昆布製品規格浜説明会がえりも町庶野、目黒を皮切りに7/27より始まりました。 順次各浜を巡回し、今月の20日前後まで行う浜説明会では、昆布製品規格の重点事項などを漁業者と再確認し、等級毎に作ったサンプルを使い目合わせをするなど、毎年この時期の恒例行事となっています。 あらパパも昆布の格付員になって23年目になり、毎年の事ではある昆布製品規格の説明会ですが、やはり大勢の漁業者(昆布採...

 浦河町の白泉こんぶ浜

 あらパパの勧めた景観にスタンプハウスが設置されました。(8月中旬まで) 今年も始まる『うらたび』では、地元の方も意外と知らない素敵な景観8か所に、スタンプハウスが設置されています。 その中の一か所、白泉こんぶ浜では、最盛期をむかえる昆布漁期間中なので、条件が良ければ干場一面に並べられた昆布を見ることが出来るでしょう。 そして、漁師やその家族が作り上げる昆布製品の難しさや労力が一目でわかるスポットで...

 日高の昆布漁が鳧舞地区を皮切りに始まりました

 本年の日高管内で一番早い昆布の解禁日は、ひだか漁協の鳧舞(ケリマイ)地区と日高中央漁協の浦河・白泉地区。 本日より出漁を予定していました。 朝5時。天気は良好。    期待を膨らませ浦河・白泉地区の浜を回ってきた。   が…。 何処を見ても、動いているのは拾い昆布をしている漁業者だけ。 いつもなら、出漁の有無を決定すべく、浜の役員さんたちの話し合いが各浜で見られるはずなのだがそれ...