こんぶログ

Category

一日一食-今日の食事 1/4

食欲の秋

 秋に旬をむかえる食材って、多いですよね~。 あらパパさんの住む、北海道の稚内では、海のものだけでもけっこうあります。 先日紹介したアワビもそうですが、旬を過ぎ身が硬く厚く大きく育ったスルメイカも、ある意味では『旬』です。 身が硬く厚く大きく育ったスルメイカは、名前の通りスルメを作るには最高の状態。 あらパパさんはあらママさんがスルメよりも一夜干しの方が好きだというので、専ら一夜干しを作っています...

  •  0
  •  -

食生活の差

礼文島、2日目の朝。胃が少々もたついている。一昨日の夜から昨夜までの食事で、栄養を取りすぎたのかもしれません。健康を本気に意識し、生活習慣を徐々に変えてきたあらパパさんの普段食べている食事と比べたら一目瞭然です。一昨日は礼文島船泊の養殖昆布製品説明会のため、船泊の宿に一泊。そこでの晩御飯は。ハッカク、煮物、ホッケの味噌鍋、ツブの塩辛、漬物、トコロテン、天ぷら、刺身、白いご飯。昨日は、礼文島船泊の天...

  •  0
  •  -

子持ちキュウリ

 子持ちキュウリとは、子を抱いた魚のキュウリウオの事です。  キュウリウオは味が淡白でキュウリ臭いので消費者からは敬遠され、漁業者からも価格が安いとのこともあり外道扱いされます。そんなキュウリウオですが、旬のこの時期、あらパパさんにとっては好物の魚でもあります。  先日購入したキュウリウオのコッコ(卵のこと)の状態をみると、稚内ではそろそろ旬も終わりかな~という感じでした。    あらパパさん...

  •  0
  •  -

ミツバが美味しい

 昨年、稚内へ越してきて先ず探したのが野生化したミツバ。 何処の土地でも探してみると、意外と身近に生えてたりするものです。   昆布の検査で培った目敏さは、道路っぷちに雑草と混雑して生えている小さなミツバの芽でさえ、あらパパさんは見逃すことはない。     昆布と煮干と干タモギダケの合わせダシに、手前味噌と五島列島の手塩を溶く。 そこへ、採りたてのミツバを洗浄し放つ。 そして即座にお椀へ盛...

  •  0
  •  -

今日の食事 『ちらし寿司』

 3月3日の桃の節句は、今や年に一度食べられるかどうかの『ちらし寿司』をお腹いっぱい食べる日であります。 それほど手間のかかることではないのだけれど、飽食時代の現代では、様々な食材や食べるものがありすぎて、なかなかちらし寿司までたどり着かないのです。(クリスマスのパエリヤも同じだ) 酸味を利かせた酢飯に、甘辛く煮た鶏ひき肉、干しシイタケ、ごぼう、油揚げなどの茶色を混ぜ込み、軽く煮て酢につけた橙色の...

  •  0
  •  0