Welcome to my blog

こんぶログ

昆布の魅力を発信します

Category: 物々交換

 宗谷の稚ホタテ

 あらパパさんちのGW、北海道大三角の旅は事故もなく無事終えることができました。 これも、あらママさんが出発する2~3日前に、黒白車両のオジサンたちにお金を支払い指導していただけたおかげだと思います。ありがとうございます。そして感謝です。  走行距離は1583㎞。稚内→上士幌→釧路→厚岸→霧多布→大樹→浦河→室蘭→洞爺→中山峠→北海道神宮→旭川→東川→稚内。愛犬クーの面倒も加わり実家泊と車中泊。  今日はガッツリ疲れ...

 江戸前の千葉海苔

 この頃、あらパパさんの周辺では『物々交換』が激しい。  他人のフンドシで相撲をとるというのか、わらしべ長者というのか、公私混同というのか、人と人との豊かなつながりというのか…。  職業柄、地域の昆布がサンプル用として入手できたり、食べきれないほどの魚介類をいただいたりするので、その頂いた一部を様々な方々と物々交換するわけなのだが。  あらパパさんがお金を出すのは送料だけになる…なんだか申...

 ホンダワラ

  以前、ってかだいぶ前に知り合ったブロ友さん(陶芸家)から、昆布ではなくホンダワラから作る釉薬?で焼くとイイ~色が出るんだよね~と教わったことがありました。 当時は、浜に打ち上げられたホンダワラでさえ拾い集めていると、どこからか監視している漁業者に『密猟者発見』と、何時つるし上げられるかわからない土地だったもので、その方にホンダワラを採ったり拾ったりして差し上げることが出来ないでいました。 だけ...

 鮎うるか

 最近のあらパパさんは、物欲も食欲も必要最低限になってきたので、コバタケファームとの農産物以外に、何か特別に欲しいものと考えても何もなくなってしまい、名古屋の物々交換相手から『何を送ってよいか困ります』…と。  そりゃそうだわね^^; でもね、あらパパさんの好物である『鮎』に関する製品を色々と送ってくれたのです。 以前にも交換したお品に、『鵜舞屋』の鮎の昆布巻にいろいろとセットされた商品をいただい...

 曲がった昆布と物々交換

 リシリコンブの促成養殖や養殖は、種苗した目に見えない胞子を海中で育てて、間引きしたり株分けしたり、陸や船上での作業を春夏秋冬約1年から2年間、手塩にかけて育てます。利尻鴛泊地区  綱に数株ずつ等間隔に付けられた昆布は、水温や気候、災害などの影響をみながら、水深の調整を計ったり除藻を行ったりと様々な工夫と努力もみられます。 利尻仙法志地区  そんな工夫や努力があっても、生長過程で綱に絡まったり巻いた...