Welcome to my blog

こんぶログ

昆布の魅力を発信します

Category: こんぶの産地-道北

 ~昆布漁と家庭円満~

 昆布検査に対するあらパパさんの考え方と言うか持論と言うか…。 細かい経緯や説明はしませんが、昆布検査の人員は〝1現場(1班)に1人の検査員〟を基本に考えてます。 研修期間の検査員を連れて回る時などは別ですが、経験が浅い若者だろうが、経験を積んだ年配者かろうが、件数が少なかろうが多かろうが1班で廻るというのなら、そこの現場に検査員を配置するのは1人。これは絶対です。 なぜかというと、これも細かい経...

 昆布検査で久々に泣きました

 先週、天候が怪しいという事で、昆布検査の日程を前倒しして利尻島から帰ってきたのですが、やはり予定通り暴風雨な天候が続き、宗谷管内は一気に真冬の景色へと変わっていきました。 本日も、朝から怪しい天気の中、早朝からフェリーに乗り礼文島へ。 昆布検査の予定は船泊と香深。  件数や数量はこの時期の検査なので多くはないのですが、なにせ雪は降ってくるし路面も悪いので、集荷の進みがよろしくなく、思った以上...

 利尻産のチヂミコンブ

 利尻島の昆布検査。 11月ともなれば件数も数量も少ない。 そして、この時期は天候もすぐにヤバくなる。 モタモタしていると帰ることができなくなることも珍しくない。 いくら時化で帰れないといえど、仕事もないのに観光気分で温泉に浸かってるわけにはいかない。なので日程をつめてもらい、本日で4地区全てを終わらせるために無理して廻らせて貰うことにしました。 午前中予定した分は順調に終わった...

 猿払村漁協の昆布検査、最終です

 本日の検査で猿払村漁協の昆布検査はすべて終了しました。 一漁家平均100駄(1駄15kg)以上の実績となりましたが、出荷される漁家はたったの2戸。 漁家が少なければ1漁家あたりの採り分が増え、それに伴い収入が見込めるのかも知れないけれど、あらパパさんの仕事は数量があって何ぼのものですから、採り残しや拾い残しの昆布をみるとガッカリしてしまうのです…。  低気圧の影響で大時化となった波打ち際には、真黒く漂う...

 10月のリシリコンブ検査

今年のリシリコンブは数量も少なければ気温も低い。腰の調子でもよければ荷積み荷下ろしを手伝って、身体を少しでもあたためられるのだけれど、何だか腰がヤバそうです。ブルブル震えながらの昆布検査は身体が硬直するね〜。考え方と心と希望だけは、意識を変えるだけで硬直しないようにはできるんだけど、身体だけはしっかりほぐしておかないと、明日以降に引きずって…クキッてなってからでは遅いからよぉ〜。したもんだから、こ...