Welcome to my blog

こんぶログ

昆布の魅力を発信します

Archive: 2013年03月

No image

 “UMAMI”が世界を制す!?発見 驚きのパワー その2

2013年2月28日(木)放送 クローズアップ現代より引用●うま味の研究 開発に非常に熱心になっているhttp://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/archive/2013/0228/25.jpgそれは驚きですね。うま味っていうのは、やっぱり日本人にしか分からないんじゃないかって、どっかに僕ら思ってましたけど、そうじゃなくて本当にグローバルな、いわば普遍的な第5の味として認知された、これはすごいことだと思いますね。日本料理が、やっぱり世界的...

No image

 “UMAMI”が世界を制す!?発見 驚きのパワー その1

2013年2月28日(木)放送 クローズアップ現代より引用まるで絵画のような美しい一皿。3年連続、世界一に輝いたレストランの料理です。その味の秘密とは。味の秘密。それは、日本料理の味の基本うま味です。このうま味が、今世界のトップシェフたちをとりこにしています。うま味研究者「爆発だ。まさに“うま味”の爆発だよ。」きっかけはうま味のセンサー、受容体が舌の表面に発見されたこと。科学的な分析が進み、さらなる料理の...

 タラ肝 昆布ポン酢

タラの肝はけっこう大きいので いろいろと使えます 汁物には必ず入れてください入れなくては本物のタラ汁を味わうことはできません タラのアラ煮! これにも肝を入れなくては コクがでない^^  アンコウの肝は あっさりしてるがタラの肝は濃厚! 通常のアン肝のように蒸し上げるとわかるが肝から染み出る脂の量は半端ない ラップなどで整形し蒸し上げたものを熱いうちに取り出しペーパーなどで余...

 タラづくしⅡ

根室喰の松田さんから届いた根室の鮮魚 昨夜はタラづくしな夕食^^v 引き続き 今日の昼食もタラづくし^^v  飽和塩水昆布出汁にタラのハラミ部分を軽く浸し(5分程度)一夜干しを作りました 表面が乾く程度がベストです 旨みが凝縮&熟成するので淡白なタラの身が味わい深くなります  さらに あらパパの大好物 タラのアラ煮!目と頬部分とカマ そして肝を甘辛で煮付けるのですがこれ...

 タラづくし

根室喰の松田さんから届いた根室の鮮魚 昨夜はタラづくしな夕食でした^^v まずは 昆布〆柵のまま日高昆布で数時間〆たマダラは余分な水分が抜け 昆布の旨みが相まって 最高の仕上がり その昆布〆したタラの身にパラパラに火を通したタラの子を付けた子付け! 北陸の方の食べ方らしいのですが 中々美味です  子供たちに大人気 タラのフライ!肉厚でジューシーで 旨みたっぷり  いくらでも食べら...

 根室の鮮魚! 根室喰から変わり種が届きました

またまた 根室喰の松田さんから 鮮魚が届いた 季節外れのタラとはいうが 3.5kgの立派なマダラとギンポの変わり種が^^  赤ギンポと言うそうだが 市場魚貝類図鑑では探せない・・・とはいうものの 刺身や天麩羅が美味しいらしく根室喰の松田さんは干物にしたという  あらパパ早速 捌きました^^ヾ マダラは フライ用 昆布〆用 三平汁用 煮付用 干物用 酒盗用と身も皮も骨も内蔵も全て無駄...

 十勝幕別温泉グランヴィリオホテル

十勝平野を見下ろす丘の上のホテル宿泊予約したお部屋は客室最上階のスイートルーム!まぁ~ スイートルームと言っても 大人一人一万円弱と言う破格^^v久々 家族揃って ゆったり楽しみました^^ 早速 温泉に・・・ 天然モール温泉で10種類以上のお風呂とサウナオススメという露天風呂は あらパパも最高に気にいりました特に 独り占め入浴ができる壷湯は最高でしたね~ザブーーーーっと湯をこぼす感じが贅沢ぅ~...

 記念日

19年前の今日あらパパとあらママの結婚披露宴がありました当時の職場の先輩方や同級せたち含め30名超の発起人そして当時 お世話になった上司夫妻の仲人田舎の結婚披露宴は町の文化センター祝ってくださった方は500人弱19年経った今日息子18歳  娘16歳時が経つのは早いです家族4人で結婚記念日のお祝い小旅行へ行ってきます(番犬クーは家を守るため留守番です)年度末時期の忙しい最中2日間の休暇をいただき有難うございますそ...

 あらパパ寿司のリクエストが入りました^^v

出張やら帰省やらで先週はバタバタと忙しく娘の中学卒業&地元高校の合格を祝ってあげられてませんでした^^;娘からのリクエストで お父さんの作ったお寿司が食べたい!! 超嬉しいリクエストですあらパパ 超張り切って100カンほど握らせていただきました^^v素人ながら 猪口才な技も織り交ぜながら ネタを仕込み寿司飯をつくりました^^ 当然の如く 昆布は縁の下の力持ち的存在で イイ仕事をしてくれました...

 飽食時代 食べ物を粗末にしてませんか!?

かぼちゃの種 もったいないので日当りの良い窓際で干しました一つ一つ 割って中身を取り出しましたけっこう面倒ですが ちまちまと合計2時間ほどで手のひらに一つ程度・・・フライパンで炒って昆布塩を振るとってもおいしいおつまみが完成ですちなみにあらママのパートは時給725円也ってことは これだけで1450円もするの!?(驚こうやって考えてみると 食べ物を粗末にするなんてできませんよね! 種まで 炒って食べろ! そ...