Welcome to my blog

こんぶログ

昆布の魅力を発信します

Archive: 2016年06月

No image

 陸から超近いです

動画 2016 06 29 5 12 15 浦河町の友人より『今朝もでましたよ~』と朝の4時半ごろに連絡が入り。 リアルタイムな採取風景を動画で見せてくれました。 繁茂状況が厚生いで薄くて長いと聞いてますが、浅瀬の厚生いの昆布なら質の良いうちに採ってしまった方が良いと思います。今日もたくさん採れるといいですね。天気も良さそうですし^^v...

No image

 よーーーいドン!! 

H28棹前初日 釧路管内の平成28年度なが棹前昆布はすでに終漁を迎え、製品作りも進み格付も始まってる頃なのですが、天候などのタイミングが合わず、やっとの思いで浜中町(あらパパさんの故郷)の昆布漁が昨日初出漁したようです。 いつもながら、良い漁場を目指すための、場所取り合戦から始まるスタート風景には恐れ入る。 スロットル全開はいいけど、安全操業だけはお願いします。 それと予定の3日間出漁もなんとかお願いし...

 平成28年度 日高昆布初出漁

 今年の日高昆布、6月28日に浦河地区と白泉地区が初出漁を迎えました。 例年、その年の実入り状況をみて7月10から15日頃の解禁日が通例だったのですが、近年は実入りも大事ですが、素性の良い品質良好な日高昆布を出来るだけ採取できるよう、各地の解禁日も早めに設定されるようになってきました。 あらパパさん自身も、天候に左右される(天日乾燥主体)日高昆布の場合は特に早期の解禁日と出漁をお勧めしたいと思います。 や...

 新天地、稚内での燻製づくり

 道北(北海道の北)のデパート『西條』。 肉を購入するときは『西條』。 夕方の4時になると20%オフの商品が半額になる。 日本人も中国人もごちゃまぜで待ち構えている。 あらパパさんもあらママさんも待ち構えている。 先週の土日に購入した鶏のささみや胸肉、豚のモモ肉やバラ肉。 お得意の乾塩法で味付けし数日冷蔵庫で漬け込み熟成。 漬け込み後は水で表面を洗い流し水気を取る(塩抜きしない)。 半日から1日、屋外...

 週末のドライブ

 週末、あらママさんのパートが休みだったので、『羽幌甘エビまつり』へドライブがてら行ってきました。 2㎏で3500円の鮮甘エビも魅力の一つだったのですが、生憎の雨にもかかわらず長蛇の列に圧倒され、並んでまで食べたり購入したりするのが得意ではないあらパパさんは即諦め、まだまだ空いている会場で甘エビの押し寿司やパエリア、担々麺、ウニ汁などをあらママさんと楽しみ、雨も強くなり混雑してくるころには撤収準...

 はぼろ甘エビまつりと焼尻のチヂミコンブ

 今週末、羽幌町で開かれる『第6回はぼろ甘エビまつり』のイベント内容を見てると、甘エビが食べたくて食べたくて仕方なくなりました。 週末なので行ってみたいような気もする。だけど、混雑するところと一人で出かけるのが大の苦手なあらパパさんなので迷う。2㎏3,500円の羽幌甘エビの魅力と天秤にかけ、明日の夜まで悩んでみたいと思います。 ※以下、内容の一部と画像は、羽幌町地域おこし協力隊の奥野様より許可をいた...

 リシリコンブの生産地

 久々に天気が良い稚内市。 浜を回ってきました。 昆布漁前にウニ漁が忙しいのか、浜にはムラサキウニの殻があちこちに転がってはいるものの、昆布漁の準備をされてる漁業者も見られなく、少量ではあるけれど拾った昆布すら干されてる浜もなかった。 陸から海を眺めても、目立つ海藻はホンダワラの群生。昆布のコの字すら見られない浜は、あらパパさんにとっては寂しぃぃぃ~。 やはり、漁業者から訊いた通り、ノシャップ周辺...

 歯舞産昆布デザートシロップ「琥珀khaku」

 根室喰nemurockがプロデュースする甘味シロップ!! 前回の翡翠hisuiに続き、琥珀khakuという商品もお目見え。 まだまだ調整中のようですが、琥珀色したシロップは一体何昆布で、どのような品質のものをチョイスし作ったものなのかは、あらパパさんも未だ分かりません。 もしかすると昆布とは別のものかも…!? 画像を見て想像するに…。 ネコアシコンブの根部分か!? ダシの色から判断するなら、アツバコンブという線も想像でき...

 歯舞産昆布デザートシロップ『翡翠hisui』

先日紹介した昆布シロップ。命名したそうです。昆布から作ったシロップ。色や香りのすべてが天然の昆布からできてるシロップ。デザート全般、何にでも合うのが魅力的です。イタリアン系のシェフをはじめ、様々な飲食業界からもお問い合わせがあったらしいです。昆布を使ったデザートといえば昆布の粉末をかけまくった昆布ソフトクリームとか昆布の粉末を練りこんだソフトクリームとか昆布をスプーン代わりに差し込んだソフトクリー...

 昆布ソース!? 昆布シロップ!?

 先日、根室のオヤヂ仲間のFBで何やら興味をそそる実験を試んでいるのを発見した。 歯舞のネコアシコンブでダシをとり、砂糖適量と少量の塩と臭み消しに生姜も少々入れ煮詰めたという。 煮詰めたことでネコアシコンブの粘りと砂糖の甘さがドロドロとした昆布ソースというか昆布シロップというか何やら不思議なものに…。 ダシに使ったネコアシコンブは昨年いただいたものというのだけれど、あらパパさんが目利きしたかぎりでは...